つなげてつなげて・・・

ドイツの会社がCRMに基づいたデータベースを発売・・といったニュースが出ていました。えぇ・・そんな事して良いの?CRMの情報ということは顧客情報。顧客の情報を勝手に売って良いのか?と思いますよね。

それができるんです。今回のニュースになっているのは、ドイツのECサイト。このサイトで買い物をした人たちの顧客情報が売られるんですね。ECサイトでは、登録された顧客の属性情報が正しいという利点があります。住所、氏名、電話番号が間違っていると、荷物は届きませんからね。。なので、データの質が高い、ということになります。

このECサイトで購入した人が別のサイトで何かを購入した際の様々なデータをつないでつないでいくことで、この個人の属性情報以外に購入の際の行動の傾向や嗜好がつぶさに視えてくるようになるということです。

そして最終的には、この顧客の潜在ニーズを掘り起こし、そのニーズを広告代理店などに提供するという流れなんだそうです。


Leave a Reply