たとえ受け入れてもらえなくても

営業に行き、紹介した製品やサービスが相手に受け入れてもらえなくても、その時の経験は無駄ではありません。むしろ、その後の営業活動に大きなヒントを与えてくれるもの。SFAに蓄積していけば、なぜ、相手はその時に受け入れてくれなかったのかがわかるようになるんです。

ニーズと違う、時期が合わない、製品に魅力が無い、営業マンの会話力が低い、またはマナーが良く無かった・・など、様々な側面から、失敗した営業を分析することができるんですね。

営業マンそれぞれの営業の傾向が分かったり、得意な商材、業種、不得意な担当者像といったものが明確にわかるようにもなります。営業マンだって人間ですからね、得手不得手はあるし、合う人合わない人もいます。これらの傾向を把握しておけば、マネージャーは適材適所に営業マンを配置することも可能です。営業マンそれぞれに最適なターゲットを指示することで、営業の成功率は上がっていくとも言われています。

一度や二度、営業に行って受け入れてもらえなくても、のちに自分の肥やしになると思い、先に進んでいきましょう。


Leave a Reply