やみくも営業でもそれなりに成果はあるかも

よく、SFAなど営業支援ツールを活用して、やみくもな営業や属人的な営業は廃止しましょうと言われます。きっと先進的な企業では、こういった営業手法は過去の産物となっているでしょう。ただ、まだまだ地方の小さな会社では、やみくも営業でもそれなりに成果はあるようです。

日本の市場では頭打ちと考え、海外のイベントや見本市に出品。さらに、直接自社製品を置いてくれそうなショップを見つけ、いきなり営業をする。もちろん、店頭で断られるケースも多々あったようですが、自社製品にプライドを持ち、活用の仕方をきめ細かに説明することで、受け入れて聞いてくれるショップもあるんですよね。

とくに海外ではエコにつながる、再生可能といったことが非常に喜ばれるとか。紹介している会社の製品もエコでありデザイン性にも優れていたため、フランスをはじめとする先進都市で人気があがりつつあるようです。
これらを念頭に置いたうえで営業を行えば、やみくも営業でも海外でも通用してしまうので、まだまだ属人的な営業も捨てたものではないのかもしれません^^


Leave a Reply