範囲をちょっとずつ広げて

SFAの専門家が書いているコラムには、SFAを最初から成功させるのは至難の業であり、成功できなくてもそう心配することは無いとのことでした。

たしかに、SFAを失敗した過去があるという会社も多いでしょう。それぞれに理由はありますが、やはりSFAの失敗例というのは多いようです。

専門家たちは事例に合わせて成功に導く方法を紹介していました。その中で一番簡単に成功させられる方法は、範囲をちょっとずつ広げていくこと。最初に使う機能は1つか2つ。営業日報とSNS機能であれば良いそうです。あ、その前に見込み顧客情報を名刺管理アプリなどを使って入力しておかなければいけませんね。

入力した見込み顧客情報に、アプローチしたこと、営業に行った際の情報を日報に入力していくクセをつけてもらう。連絡業務全般はSFAのSNSのみを使う。この2つを習慣化していけば、SFAに必要な情報は溜まっていきますからね。慣れることで次に1つまた1つと足していけば良いんですね。


Leave a Reply