複雑な業務要件を実現するためには

今は、現場で導入後すぐに使えるSFAが増えているんだそうです。数年前までは、使いにくい、慣れるまでに時間がかかると言われるシステムの最たるものでしたが、改善が重ねられ、最近では導入初日から運用も、といったアプリなども提供されているそうです。

また、プログラミングの知識も必要なく、使いたい機能を並び替えたり設定したりすることも可能だとか。なので、急激な広がりを見せているんですね。ただし、複雑な業務用件をSFAで実現させたい場合には、やはり相応のプログラミングの知識や技術が必要になるそうです。

世界的なシェアを誇っているセールスフォースのツールでさえ、知識や技術を持つエンジニアが少ないということ。なので、SFAで新規顧客獲得を狙いたくても、それを使いこなせるスタッフがいないあとやはり思い通りの結果は出せないというのが現状の用です。

使えるSFAはたくさんあっても、本来の実績をあげられる人材が不足してしまっている。これは世界的に見ても同じのようです。


Leave a Reply