業績好調なのになぜ

営業やマーケティングスタッフの採用が、コンビニやドラッグストアでは続いているそうです。こういった職種って、今は業績も好調だと聞いていましたが、なぜそれでも売り上げアップに結び付くような業務を強化しているのでしょうか。

コンビニなどは、CRMのハシリのようなことをずっと前からしていましたよね。顧客の属性、購入状況の情報を蓄積し、それぞれのコンビニにおいてどんな時間にどんなものが売れているのか、性別、年齢別にどんな人がよく利用しているのかなどがわかれば、発注における無駄がなくなったり、より売れるものをたくさん仕入れておくこともできますからね。

ただ思い起こせば、私も毎日のように^^利用しているコンビニでも、最近アプリやメール会員の新規登録が数件紹介され、私もすぐに入会しました。すると、来るわ来るわ^^お得な情報、ポイント率アップなど、毎日のような何かしら通知が来ているんですよね。こういったCRMの専門家を採用することで、業績は好調でも、さらにこの先を見据え、顧客満足度を向上しながら、売り上げアップを狙っているのでしょう。

sfa

Leave a Reply