地域金融機関のビジネス変革支援に向けて

インテックと富士通が、地域の金融機関のビジネス変革というものに取り組んでいるそうです。インテックでは、地銀向けのCRM、F³(エフキューブ)というものがあるそうですが、こおCRMと富士通のサービスを統合させることで、「次世代情報系ソリューションの共同検討」を行っていくとのこと。う~~ん、難しい^^

最近、私の地元に近いところでも地銀の統合が進んでいます。吸収?合併?どちらなのか、その実態はわかりませんが、利用者が少なく、経営も持続していくのが困難となった田舎の地銀。それを、近隣の都市の地銀が合併することで、田舎の地銀を救う、といった名目でした。ただ、専門家の見方は、大手地銀が得をするだけでは?とのことでしたが、田舎の地銀を救うことが可能な面もあり、報道も様々な意見を載せていました。

ま、私には難しくて良くわからないのですが、ただ、地銀の経営継続の難しさというのは、良く理解できました。なので、こういった地銀向けのサービスというものが、地域経済すべてにおいて良い効果を発揮してくれれば良いなと思いますね。

名刺CRM機能紹介 |選ぶポイント

Leave a Reply