こんな賞が・・

CRMベストプラクティス賞というものがあるんだそうです。主催となっているのがCRM協議会というところで、後援にフジサンケイビジネスアイという社名?が書かれていました。

それで、ネット記事には、大星賞とフジサンケイビジネスアイ賞の2つが取り上げられていて、大星賞には大阪ガス、フジ・・には資生堂がが選出されたとありました。詳しくいうと、企業そのものが受賞していると言うより、CRMを活用した事業が受賞しているようです。

大阪ガスでは、「顧客ごとに適した検針時広告や会員サイトなどを通じて、CRM活動を高度化させたことが評価された。」とありました。

私が感じたのは、やはりどの企業でもCRMを活用することで、顧客の真の声というものを知り、それを商品に還元しようとしていること。商品は売れなきゃ意味がないわけで、同じような商品やサービスを多くの企業が販売しているなか、自社の商品を長く愛用してもらうよう、努力を続けているんですね~。

Leave a Reply