Archive for 7月 2018

体験することが大事

CRMを使っての営業支援はもう古い、という人がいます。商品たサービスに溢れかえった時代、どんなにそれらが良いものですよ!と言ったところで、すでに多くの人がそれを知っているわけです。ですから、CRMを使ってメールやメルマガ、クーポンの配布なので客の心理を煽ったところで、たかが知れていると言うのです。

では何が重要となるのか。それは、インバウンドに答えがありそうです。外国人客が押し寄せては日本製の商品をごっそりと買ってかえる、という状況が起きていましたが、最近ではモノの購入よりも体験型のサービスに客は集まっているそうです。日本ならでは、日本でしかできない経験を外国人客は求めている。

つまり、日本でもエクスペリエンスマーケティング、モノの説明、情報ではなくて実際に消費者が体験してみる、モノに信頼を持つ、価値を見出す、こいったことが重要であると言われているんですね。実際に、世界的な企業でもこのエクスペリエンスマーケティングというものを繰り広げ、顧客を増やしているようです。

何事にも統一の基準を作ること

ほとんどの企業がそうだと思いますが、何となくの基準はあってもそれは属人的であり、人によって少しずつ違いがあるため、統括するマネージャーがとても困っている、という状況がありますよね。

また、各営業マンが今商談のどのような状況にいるのか、商談を一人で成立させられそうなのか、アドバイスすることは無いかなど、知りたいことがたくさんあるはずです。ところが、それを把握するには、一人一人の営業マンを捕まえて聞くか、週に一回の会議まで待つしかない、という状況なんですよね。そうこうしているうちに、社内の基準とそぐわない状態になってもなお、営業マンが一人で進めてしまうことで、結果的に商談は不成立となってしまった、目の前の客を逃がしてしまった、という失態を起こすことにつながるわけです。

そうならないようSFAを活用し、比較しやすい数字や統一した基準を作ることで、マネージャーさんは長年のジレンマからも解放されるはずです。

顧客管理情報

重複させていませんか?

毎日営業で回っていると、1年くらい前に名刺交換した人でも忘れていることは多々あり、新たに名刺交換してしてしまうことも。

会社に戻り、エクセルに情報を入力。そしてしばらくしてその人の情報を取り出すために検索にかけると、なぜか2人分の情報が出てきてしまった。。実は、重複して入力していたんですね。入力前に確かめれば良いのですが、確かめていても、過去に入力した際に一文字ミスしていたり、役職が違っていれば、検索に引っかからないこともあります。そのため、重複入力していたんですね。こうなると、どちらが本物かわからなくなってしまいます。

名刺の管理ツールを使えば、こういった入力は避けられますから安心ですよね。入力にかかる時間も、また検索も非常に簡単にできるように作られているため、エクセルで名刺管理している方は、一度試してみることをおすすめします。