CRMとの似ているところ

SFAとよく混同されるCRM。日本人にとって、英単語3文字って親しみやすいけどよくわからない、というのが本音ではないでしょうか^^私も、何度聞いても調べても、混同していることがよくあります。

営業支援ツールとしてかなり利用が広まっているSFAですが、それでも、CRMと並べられるとどちらがどちらだかわからなくなるんですよね^^でもそれもそのはず。もともとはSFAはCRMから派生したようなツールであるため、混同してもそれは仕方ない!と思っています。

SFAとCRMの似ているところ、それは企業に必要な情報を社内で一元管理でき、クラウドを利用することで権限を持っている人すべてが閲覧、更新できるということ。働き方改革が進む日本において、業務の効率化が実現できること。社員それぞれが自分の営業プロセス、顧客情報の管理を見つめなおし、これから先の営業について戦略を練ることができること。こういったことが両方のツールで可能になるんですね。

Leave a Reply