Archive for 5月 2018

聞いたことと違うじゃないか!

上司から、「前に聞いたことと違うじゃないか!」と言われたことはありませんか?上司としては、案件が成立したり、受注量がある程度見込めていたように聞いていたのに、実際には案件は不成立していたり、受注量が全く少なかったりと、聞いていたこととは違えば、それは部下を叱るのも当然ですよね。

でも営業マン側からすると、「そんな風には言っていない。上司の理解の仕方がおかしい。自分に責任は無い、といった言い方をしてかえって腹が立つ。」といった思いをしている人も多いでしょう。

これはもう言った言わないの水掛け論となってしまうため、きちんとした記録、これが必要になってきますよね。SFAはこの記録がしっかりと出来るツールです。営業マンは営業が終わるごとに営業報告をクラウドにアップします。それを上司がリアルタイムで確認。もし、上司が気に入らないことがあれば^^それをSFA上に入力しておく。営業マンをそれを見て今後の営業方針に加える。こういった一連の流れが出来れば、冒頭のような不快な言葉も聞く必要が無くなりますよね。

CRMとの似ているところ

SFAとよく混同されるCRM。日本人にとって、英単語3文字って親しみやすいけどよくわからない、というのが本音ではないでしょうか^^私も、何度聞いても調べても、混同していることがよくあります。

営業支援ツールとしてかなり利用が広まっているSFAですが、それでも、CRMと並べられるとどちらがどちらだかわからなくなるんですよね^^でもそれもそのはず。もともとはSFAはCRMから派生したようなツールであるため、混同してもそれは仕方ない!と思っています。

SFAとCRMの似ているところ、それは企業に必要な情報を社内で一元管理でき、クラウドを利用することで権限を持っている人すべてが閲覧、更新できるということ。働き方改革が進む日本において、業務の効率化が実現できること。社員それぞれが自分の営業プロセス、顧客情報の管理を見つめなおし、これから先の営業について戦略を練ることができること。こういったことが両方のツールで可能になるんですね。