Archive for 4月 2018

情報漏洩には十分に注意を

CRMの利用が日本でも急激に増えてきています。しかし、一方で多くの企業、官庁などからも、個人情報の情報漏洩の報告もたくさん聞かれます。本当に無くならないですよね。。

故意に個人が情報を持ち出して他の企業などに売ってしまう。メールにマルウェアを仕込み、コンピューター内に入り込んで情報を搾取する。方法はさまざまですが、どんなやり方にしても、情報を抱えている方はそれを取られないように努力を払わなくてはいけません。

ただ、こういった問題はもぐら叩きのように、努力しても次の新しい手が考案され、また情報漏洩につながっているんですよね。

そのため、CRMを利用する企業にしてもそのようなリスクを十分に考えておく必要もありそうです。

例えば、CRMではクラウドを利用します。誰もがすぐにアクセスできることがクラウドの良さですが、それは非常に危険でもあるんですね。そこで、アクセスできる範囲を社内だけにする、社内だけでネットワークを使用するなど、自社内でも規律の徹底をすることが重要となります。

ナレッジスイート株式会社

長期的に友好な関係を続けるのにも

現在の顧客と長期的に友好な関係を続けるためにも、名刺の管理ツールは大いに役立つようです。

顧客との関係を良好なまま維持するには、CRMがよく活用されますが、小さな企業、個人経営の会社ではCRMまで導入する必要はない、規模がそれを必要としない、ということがありますよね。そんな会社では、名刺の管理ツールで顧客それぞれのカルテを作成しておくことで、CRMの代わりが十分に果たせるんだそうです。

1社ずつの名刺情報にこれまでの購買、サービスの履歴を入力するだけでも、次にどういったモノ、サービスが必要なのか、あるいはいつ頃に提案すると良いのか。これらが、カルテを見るだけですぐに確認できるんです。

名刺情報だけ、カルテだけ、ではなく、両方が一緒の画面で見られるというところがミソですよね。

ナレッジスイート株式会社

販売方法、そしてニーズの多様化

多様化、という言葉って最近よく聞かれますが、どういった場面で使われるのか・・。私たちが日常的に使うものではない、ということは確かですね^^

とくに経済に関する場面で多用されているかと^^結局、幅広く、種類も多くなったということですよね。商品やサービスの販売方法もリアル店舗だけではなくてネット、通販など多チャンネルで行われています。一つの会社でも多チャンネルでの販売が当たり前になっているんですね。

また私たち顧客が欲しがる商品も多様化していると言われています。皆が皆同じものを欲しがらない。それぞれの人たちが自分に最適な商品、サービスを欲しがるようになったため、モノを売る側はそれらに合わせようと努力してくれているんですね。

そして、営業の場面ではこういった双方の多様化により、人の頭だけでは営業にも限界が来ているため、SFAなど営業支援ツールを導入し始めているんです。営業情報、顧客情報を一元化し、営業すべてで共有化することで、さまざまな多様化に対応しようとしているそうです。

https://knowledgesuite.jp/service/crm-point.html