どれだけ効率化が目に見えるのか

SFAについては、サービスを提供している企業も、何かもっと利用者にメリットを与えられないか、と考えているようです。そもそも、SFAの導入を考ええている会社は、営業活動の効率化、そして売り上げのアップを期待しています。営業の手間をできる限り省く、そして売り上げをアップする。相反することですが、これらの両立がSFAには求められている、と言う事でもあるんですね。贅沢な話ですが^^

しかしそこは日本人。利用者のことを思いやる気持ちのある人たちですから、どこをどのように削ることで効率化が実現できるか、工夫しているんです。

とにかく目についた無駄は省くこと。例えば会議。毎週、あるいは会社によっては毎朝の朝礼で、先週、前日の営業報告をしますよね。報告数人数が多ければそれだけ時間もかかります。資料作成にも時間と手間がかなりかかるものです。これを、SFAを使って各自が事前に目を通し、資料もSFA内で確認できれば、一体どれだけの効率化ができるでしょうか。そして、これを毎日いろんな面で積み重ねることで、効率化したものが目に見えてくるはずです。

http://knowledgesuite.jp/service/what-is-sfa.htm

Leave a Reply