管理の仕方で効率化が図れる

商談の管理はそれぞれの営業マンが自分もメモや日報に記録したり、紙で報告したりしていると思いますが、多くの場面で手間がかかって仕方ないという声がよく聞かれます。

営業マン一人一人が商談を管理し、紙への記録が当たり前。記録の方法もまちまちで、資料の提出となると情報を取りだすのに時間と手間がとてもかかります。さらには、バラバラに取りだされた情報をマネージャーは確認しないといけないので、それらをまとめるのに更に時間と手間がかかってしまう。。営業マンによっては有効な情報を提出してこない人もいますしね。こんな効率の悪いことを今まで行っていたんですね。

ではこれらすべてをシステム化するとどうでしょう。一番最初の段階からマネージャー、そして同僚にも商談の記録が見える化されるので、記録する営業マンにも一種の緊張感があり、それなりの内容が必要になります。また、入力項目を設定することで情報の抽出は素早く、マネージャーのアドバイスや修正依頼もスムーズにできます。システム化はあらゆる場面で効率化が可能となるんですね。

Leave a Reply