タイムリーな医療情報の共有を可能にするモバイルアプリケーション制御技術

近年の在宅医療現場では、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを活用した様々なソリューション・サービスが積極的に導入されつつあるそうです。医師や看護師、介護士などが患者さんの情報を共有するために用いられるのだとか。しかしそうした患者さんの個人情報をスマートデバイスで取り扱う場合、他者に情報を見られないよう必要時のみアクセスしたり速やかにアプリケーションを閉じるなどの配慮が必要です。その際パスワード入力などの操作を何度も行うことになるので、多忙な在宅医療現場では大きな負担になっているのだとか。そこで富士通研究所と富士通、別府市医師会が、在宅医療現場における業務のモバイルアプリケーション制御技術(患者さんの医療情報の表示/非表示、共有範囲、利用するアプリケーションなどの自動変更等)を開発しているそう。この技術があれば、安全性と利便性を両立したスマートデバイス活用が可能になり、タイムリーな医療情報の共有が実現しますね。患者さんへのケアの質の向上にも役立つと思います。営業支援システムSFA

Leave a Reply