名刺の集め方

CRMを運用していくためには、まずは顧客情報の入力が必要になりますよね。その顧客情報はどこから手に入れるのか。

歴史ある企業であればそれまでに蓄積された情報が社内に分散しているので、それを集めれば良いし、営業マンそれぞれの頭の中にあるものも一切合切提供してくれれば相当量の有効なデータベースが出来上がるでしょう。

しかそうでない場合には名刺を獲得することが効果的と言われています。大きなイベントやセミナーに出かけたり、自社で開催するなどして、とにかく名刺交換を行って行く。

ではその集めた名刺はどうやって集めるのか。イベント、セミナー以外の日々の営業でも名刺は蓄積されていきますよね。それを集めることが大切なわけで。

最も効率の良い集め方は、毎週何曜日までに提出してください、という社内ルールを作っておくこと。日常化しておくことで、一週間に集められた名刺は必ずその日に集められ、一斉にデータベースに入力される。こうしておけば、誰もが利用できる新鮮な顧客情報が閲覧できるようになるんですね。

Leave a Reply