Archive for 1月 2017

見過ごされがちなモバイルセキュリティの脅威

ITセキュリティといえば、ファイアウォールやセキュリティポリシーなどといったセキュリティ対策のほかに、ランサムウェアやマルウェアといった脅威が頭に浮かびます。が、ビジネスのモバイル化が進んでいる現代では、それだけでは足りないのです。IT担当者が見過ごしがちなモバイルセキュリティ脅威として、「安全ではないWi-Fi」「不正アプリ」「古いソフトウェア」「弱いパスワード」「ユーザーの教育不足」などが挙げられます。当然ながら1つひとつ見ていけば対策する手立てはありますよ。例えば無料Wi-Fiを提供する喫茶店へ行っても決して接続はせず、接続したい場合は必ずVPNを使うことや、パスワードの脅威に対しては2要素認証を実装することが有効でしょう。モバイル利用をするユーザーがセキュリティに関する警戒を怠れば、企業にとって脅威となり得ます。だからこそユーザーはリスクについてきちんと教育を受け、IT担当者はユーザーがモバイルセキュリティ脅威の回避方法をとれるような環境を用意することが大切なのだと思います。

無料のお試しを有効活用

CRMなどの営業支援ツールにも、無料でお試しができるもの、試用期間を設定しているものがある、って知っていますか?これ、意外と知らない会社も多いんですよね。

大企業であれば、もし自社にこのCRMは合わないな、と思えば折りを見て別のCRMに移行することも可能かもしれません。しかし中小企業、個人のショップなのではそう簡単にはいきませんよね。そもそもツールなのでお金がかかってしまいます。営業をサポートしてもらうために買ったのに、かえって無駄遣いになるんだったら、導入自体を諦めてしまいたくなります。

そこで、CRMに興味がある方は、このような無料のお試しを活用してみてはどうでしょうか。3ヶ月や6ヶ月、実際にCRMを使って顧客情報を分析し、顧客からどような反応がかえってくるのか、ここまでやれると本当に導入したあとのイメージができますよね。

ただ一点注意することは、お試しと言えども会社の重要な顧客情報を入力するわけですから、セキュリティ対策がしっかりとした会社を選ぶことが大切になります。

これがないと仕事が進まない!という状況に

営業マンがSFAを活用しなくなる理由に、必ずしも必要なシステムではないから、ということがあります。エクセルで管理してきた営業情報や商談のプロセスなどをSFAに移行。しかし、作業画面の使い勝手が悪いなど営業マン自身にとっては非効率的なシステムとなってしまっているんです。

そこで、営業マンにどうしてもSFAを活用して欲しい場合には、このような非効率な利用法をまずは止めて、効率良く、そしてこれがないと仕事が進まない!という状況にもって行くことが重要となります。

では具体的にどのように方向づけしていくかと言うと、毎日、あるいは定期的に利用しなければいけないツールとして使うことなんです。スケジュールの管理でも部署内での情報共有ツールでも何でも良いんです。このSFAのツールを通さないと毎日の営業に支障をきたしてしまう、それくらいのツールを部内全体で使うように仕向けることで、営業マンは次第にSFAに慣れ親しむようになり、会社が使って欲しい機能もだんだん理解してくれるようになるんです。