『Sansan』を導入しているエクスチュア株式会社

デジタルマーケティングにおけるウェブ解析ツールの活用や技術コンサルティングを手掛けているエクスチュア株式会社では、クラウド型名刺管理サービス『Sansan』を昨年3月より導入しているそう。導入前はSalesforceやスキャナのOCR機能などで名刺管理を行っていたそうですが、思うような成果が上がらなかったのだとか。しかも疎遠になってしまった方の名刺は使われることのない情報になってしまっていたのです。スキャンするだけで精度の高い名刺情報を蓄積できるSansanのおかげで、ほとんどリアルタイムに名刺&コンタクト情報が蓄積されるようになりました。おかげで従業員は本来の業務に集中することができるようになり、月で100〜200万円ぐらいのコスト削減を実現。さらにSansanを起点として、マーケティングオートメーションツールやSalesforceなど様々なソリューションを連携させ、高度な自動化を実現しているそう。Sansanなしの営業活動は考えられないくらいになっています。同社の営業スタイルは、Sansanの正確な顧客データベースがあってこそなのですね。

Leave a Reply