そうじゃないんですよ~~^^

CRMを使うと顧客情報を自動で分析して業績がぐんぐん上がっていく!と思いこんでいませんか?そうじゃないんですよ^^

確かに、集められた顧客情報を分析し、次にどのような方針を立てるべきなのか、その戦略を考える際に重要なツールとなります。しかし、その使い方を間違えれば業績がぐんぐん・・なんてことにはならないんですね~。

営業支援システムって、その名前から、導入すれば業績ぐんぐんと勘違いしてしまいますよね^^では、CRMの導入の場合には何が重要なんでしょう。ポイントはいくつかあるようですが、まずは情報の元になるものをとにかく集めること。そして戦略を立てること。他社とは違う自社が考える戦略を明確にし、それを実際にCRMを扱う営業担当者がしっかりと理解していること。そして情報分析をする際にはマーケットセグメンテーション、区分や分割してどんな分析をしたいのかがハッキリしていること。ここが大切なんだそうです!システムに頼るだけでは結果は得られないものなんです。

Leave a Reply