SFAを導入しているフクナガエンジニアリング

およそ50年以上リサイクル事業を展開しているフクナガエンジニアリングは、顧客管理と営業力強化のためにSFA(営業支援システム)を導入しているそうです。これまで同社では部門によって独自のソフトを所有し、データを蓄積していました。従業員はソフトに入力した日報をメールに転記し、上司や社長に報告。上司は必要に応じてコメントを入れ、それぞれにフィールドバックするというスタイルだったそう。メールの整理だけで時間が掛かりそうですね。そのうえ必要な情報を検索するのも一苦労だし、情報共有もままならない状況だったのでしょう。このような現状を打破するためにSFAを導入したというわけですね。おかげで全社的な情報共有を実現し、その情報をタイムリーに活用できるようになったそうですよ。日報も上司の的確&タイムリーなコメントが功を奏し、攻めの営業に活かされるようになったそう。またホームページでも、営業日報を基にタイムリーな情報が発信できるようになり、SFAが大活躍しています。同社にとってSFAは、今やなくてはならないものになっているのでしょうね。

Leave a Reply