Archive for 7月 2016

SFA・CRM定着とKPIの関係

SFAやCRMの最初の難関は、「定着」であるといっても過言ではありません。そこで業務を見える化する上で重要な指標であるKPI(Key Performance Indicator)を活用しましょう。KPIとは、「目標や戦略を実現するために設定した業務プロセスを計測するために設定される指標のうち、特に重要なもの」として定義されているそう。つまりビジネス目標のプロセスが適切に実施されているかどうかを定期的に計測することができるということ。ということは、SFAやCRMを定着させるためにまず導入する目的・目標を考えておかなくてはなりませんよね。例えば「顧客満足度の向上」や「今期売上の達成」、「コスト削減」など。これらの目標を意識して、KPIを設定しましょう。ちなみにKPIは営業だけでなく、総務部や人事部などでもKPIの設定は可能ですよ。従業員の満足度や離職率などの指標があれば改善点が見付けやすい気がしますよね。KPIを設定する際のポイントは、“あまり多くの指標を設定しないこと”です。設定するKPIを絞ることで、やるべき事や改善しなければならない事が明確になるからです。3~5程度のKPI設定が適切かもしれませんね。適切なKPIを設定し、SFAやCRMをスムーズに定着させましょう。

企業は効果的なCRMを実現できる

富士ソフトサービスビューロという会社が最近力を入れ始めているのが、トータル・アウトソーシング・サービスというもの。

ビジネス・プロセス・アウトソーシング・・BPO、という言葉があるそうですが、このBPOの必要性が企業では高まっているものの、その業務の煩雑さはとても大きいんだそうです。しかもすぐに解消できるものではないとのこと。その煩雑さ、複雑さ、そして効率の悪さを全て引き受けられるのが、富士ソフトサービスのトータル・アウトソーシング・サービスなんだそうです。企業はこのサービスを利用することで効果的なCRMを実現でき、「利益率が高く、安定成長が見込めるトータル・アウトソーシング・サービスの強化」も可能になるとか。

しっかりと理解できているわけではないんですが^^それでも企業における利益が高まる、ということはよくわかりますね^^今後富士ソフトサービスビューロでは、訪日外国人観光客の増加も見据えて「多言語化にも取り組んで」次なる市場を開いていくそうです。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa-dounyu.html