営業スタイルの変革

デキる営業マンというのは会社に一人はいるもので…一人で営業案件をポンポンと受注してきたり、絶対にうんと言わない顧客を説き伏せてきたり…どんな営業戦法を繰り広げているのか同僚は全く知らないという場合が多いでしょう。でもそれは一昔前の営業スタイルだと思います。日本市場や顧客ニーズの多様化のおかげで、企業を取り巻くビジネス環境は以前とは大きく変わってきていますよね。それをデキる営業マンの個人プレーで乗り越えるには限界があるのです。営業マン一人一人の力とそれをサポートする部門全体で顧客に対応しなければいけません。それには、顧客情報をきちんと整理・管理し、社内で情報共有することが必要不可欠なんですよ。組織全体で営業活動する上で欠かせないものが、SFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)と呼ばれるツール。さまざまな製品がある中で、売上アップにつながるかどうかの鍵となるのが「現場が使い続けられること」だと思います。どんなに良いツールでも現場が使ってくれないものは、ゴミと同じですからね。導入する際は、そこを一番に考える必要かあるでしょう。

Leave a Reply