Archive for 1月 2016

名刺管理を軸にした営業支援システム

営業支援システム(SFA)を導入しても、機能が複雑過ぎて現場が使いこなせず定着しない…営業業務を監視されているようで営業マンのモチベーションが上がらない…このような話をたまに耳にしますが、これではせっかくコストをかけて導入しても逆効果ですよね。解決策が見つからない場合、SFA自体を見直してみるべきかもしれません。そこでどの企業でも必ず要となるものを考えてみましょう。営業の要であり原点となるもの…それが名刺管理ですよね。名刺管理を軸にした営業支援ならば、定着率も高くなります。そこでオススメなのが、クラウド型名刺管理サービスの『Sansan』です。これは名刺をスキャンするだけで精度の高い名刺情報のデータ化が実現できるというもの。取り込んだ情報は、会社単位で組織図が自動生成されるから、どの営業マンがどのようなアクションを起こしたのか、顧客との関係が一目瞭然に分かるというわけです。社内の営業履歴を網羅的に把握できるから、営業のチャンスが見え始めますね。営業にプラスになるからこそ、営業マンのモチベーションも上がるでしょう。Sansanは、ビジネスの出会いを自社の資産に変えるツールなのです。

こんなツールもあるんです!

iPhoneも使っているビジネスマンなら知っていないとマズイ!という営業支援ツールがあるそうですよ^^営業支援ツールと言うとちょっぴり固いイメージですが、つまりはiPhone用のアプリなんですね。すでに多くの人が利用しているスケジューラーの「さいすけ 無料版」や日報アプリの「NICE営業物語」などが有名ですが、他に「営業くん」や「喫煙所サーチ」というアプリもあるとのこと。営業くんとは複数の取引先を持っている忙しい営業マンにおすすめのアプリで、営業先を地図上で把握できるというもの。しかも、場所だけではなくて1週間以上訪問をしていない会社には紫色のピンが立つなど、取りこぼしがない営業ができるようです。また、喫煙所サーチとはまさにタバコを吸うことができる場所を検索できるアプリ。ちょっと一服して一息つきたい時、すぐにこのアプリで喫煙所を見つけられるんですね~。最近は禁煙の場所ばかりですからね。喫煙者にはありがたい営業支援ツールなのではないでしょうか^^

営業スタイルの変革

デキる営業マンというのは会社に一人はいるもので…一人で営業案件をポンポンと受注してきたり、絶対にうんと言わない顧客を説き伏せてきたり…どんな営業戦法を繰り広げているのか同僚は全く知らないという場合が多いでしょう。でもそれは一昔前の営業スタイルだと思います。日本市場や顧客ニーズの多様化のおかげで、企業を取り巻くビジネス環境は以前とは大きく変わってきていますよね。それをデキる営業マンの個人プレーで乗り越えるには限界があるのです。営業マン一人一人の力とそれをサポートする部門全体で顧客に対応しなければいけません。それには、顧客情報をきちんと整理・管理し、社内で情報共有することが必要不可欠なんですよ。組織全体で営業活動する上で欠かせないものが、SFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)と呼ばれるツール。さまざまな製品がある中で、売上アップにつながるかどうかの鍵となるのが「現場が使い続けられること」だと思います。どんなに良いツールでも現場が使ってくれないものは、ゴミと同じですからね。導入する際は、そこを一番に考える必要かあるでしょう。

Microsoftが提供している営業支援ツール

Microsoftが提供している営業支援ツールには現在112 件のソリューションがあり、その中で代表的なものとして、かんたんテンプレート (SFA、営業支援)、製造メーカー向け (代理店) 営業支援、PDCA サイクルを実現する営業支援ソリューション、ルート営業に最適! 簡易入力機能 テンプレートの4つが大きく紹介されていました。また、私が興味を惹かれたのが時間の節約法。営業マンって外回りをどれだけ行い、成果を挙げるのかが腕の見せ所となるのですが、本来営業に使える時間がほかの用事によって無駄になっている・・ということなんです。そこで、この無駄をなくすために会社や部署の現状を回答させ、そこからMicrosoftから「高パフォーマンスの営業チームを作るための具体的なアクションをご提案いたします。」ということなんですね^^私には全く関係のないアンケートなので、私が遊びで回答することもできなくてちょっと残念なんですが、営業マンの方は一度やってみると面白いと思いますよ^^SFA 営業支援システム | KnowledgeSuite(ナレッジスイート)