ルート営業のいろいろ

ルート営業にはいろいろな種類があります。一番わかり易いのは、自社の製品を利用している法人を回るルート営業です。製品がどれくらい必要か、どれくらい使われているか、どれくらいの収益を上げているかを確認するのが基本です。そのうえで、製品を使っている上での疑問点、不満点を定期的に拾い上げていき、改善をしていくのも大きな仕事です。さらに、顧客が問題なく使っていても、営業マンの方でデータの分析などをしていき、気がついた時点で改善策の提案などを行っていくのも、大切な仕事のひとつです。一方で、ルート営業の中には、新規開拓と半々のものもあります。同じルートを定期的に回るというだけで、中身は新規開拓と同じもの、あるいはすでに製品を利用している一に向けて、新たな商品を提供するといった役割もあります。このようにルート営業にはいろいろな種類があるのです。

Leave a Reply