ルート営業の内容

リート営業は決まった顧客を定期的に回っていき、改善策を提案したり、データを会社に持ち帰って分析していくというものです。顧客は大きく分けて個人と法人があります。法人の場合がわかりやすいでしょう。法人向けの製品を提供する会社ならば、製品の管理を営業マンが行うというわけです。定期的に訪れ、製品がしっかり使われているか、収益はしっかり上がっているか、問題点、疑問点は無いか、改善策はないかということを、日々考えていくものです。新規開拓との違いは、同じ顧客と長く付き合っていくということです。営業の中でも密度が高く、常に改良を求めて行動していくことになります。新規開拓と比べても、難易度は実は高いという意見もあります。ルート営業はまた、顧客とのコミュニケーションが求められます。新規開拓のコミュニケーションとは一味違うものになります。

Leave a Reply