営業日報の目的

営業日報の目的はきちんと理解しているでしょうか。まず、営業日報は上司にチェックしてもらうのが普通だと思います。そこで最初の役割が見えてきます。つまり、上司によって問題点やポイントを拾ってもらい、徐々に営業の精度を高めていくことができます。これは営業日報の大きな目的の一つとなっています。特に専門的な話をすると、営業における受注効率を高めるという意味を、営業日報は持っているのです。さらに、営業マン自身にとっては、日々の活動を記録していき、後から見直すことで、精神面にプラスの効果があると言われています。結果は出ていなくとも、これまでに蓄積した日報を見るだけでもやる気が出ますし、結果が出ていれば尚更です。さらに、情報としての価値に注目して、複数の営業マンの日報を会社や組織全体で共有するということも行われています。情報源として営業日報を活用しているところは多くなってきています。
商機を逃さない次なる訪問計画を導くツール
こちらをおすすめします。

Leave a Reply