デコ電スマホの作り方

以前のガラゲーではデコ電が流行りました。
スワロフスキーでキラキラしてましたがカバーやジャケットがスマホの様になかったので
本体に直接装飾してました。
ドコモアンドロイド
今はまずはジャケットを購入してデコるわけですから失敗もありませんし、いくつものバリエーションを持つなんて楽しみもあります。
使用するスワロフスキーの数とかで費用は変わるわけですが、完全なオリジナルデコ電ならぬデコスマホを作ってはどうでしょうか?
製作時間は1~2時間ってとこでしょうか?さっそくチャレンジしてみましょう。
デコスマホは事前準備として、まずジャケットやカバーにいきなり貼り付けずにイメージをデザインしてピンセットで貼らずに乗せていって完成パターンを確認しましょう。
これは重要な作業で、作っているうちにイメージと違うなんて事にならない為に必要です、成功させましょう。
まず、ピンセットで乗せていくポイントとして縦に何粒乗って、横に何粒乗るかをチェックして控えておきましょう。
そして本番ですが、スワロフスキーのラインストーンにボンドをちょんちょんとして、ピっと付けてきます。
基本中の基本ですが真ん中から開始しないと、最後に端がずれます。 傾いたデコはちょっとカッコ悪いですから注意が必要です。
ボンドはつけすぎない様に、ラインストーンの底面に対して、半分くらいを目安でちょんとつけましょう。
ボンドですが速乾性の高いボンドは使用しません、白くくすんだり修正が効きませんので、時間で硬化するタイプを用意します。

Leave a Reply